ドッグショー(2014年)を振り返って

2014年3月29日
FCIアジアパシフィックセッションドッグショー2014(東京ビッグサイト)
ロバート・バンディバー(アメリカ)
♂42、♀43 AOM(アワードオブメリット)
2014-3-29.jpg
アジアインターは6年に1度開催されるとても大きなドッグショーです。
この日ハンドラーさんが首都高速の早朝の渋滞に巻き込まれ間に合わなくて、大和が初めてジャパンインターで走った時のハンドラーさんにお願いしました。
なんと~AOM(アワードオブメリット)です。
口から心臓が飛び出るかと思うほどドキドキしました。
ジャッジとの記念写真を撮りたかったのですが、まさかそんなすごいもの頂けるなんて思っていなかったのでお昼にお兄ちゃんとの食事の約束があり、後ろ髪ひかれながらショー会場を後にしました。
AOM(アワードオブメリット)でもキャッシブが降りてくることがありますが、その時はBOB(ベストオブブリード)にキャッシブ授与だったようです。
後、大和がインターチャンピオン完成してからはAOM(アワードオブメリット)のゴールデンにキャッシブが降りていました。

2014年5月10日
奈良県クラブ連合会展(竜王町ドラゴンハット)
岩本友征(日本)
♂11、♀7
2014-5-10.jpg

2014年5月11日
FCI近畿インターナショナルドッグショー(竜王町ドラゴンハット)
テオ・レーネン(ベルギー)
♂23、♀20 BOB(ベストオブブリード) G4(8グループ4席)
2014-5-11.jpg
FCIインタナショナルビューティーチャンピオンのキャッシブ3枚目。
国際チャンピオンにリーチがかかりました。
ハンドラーさんの都合で大型犬のハンドラーさんを紹介していただきキャッシブゲット。
大和は多くのハンドラーさんの支えを頂ける幸せなショードッグなんだと思いました。
この近畿インターのジャッジはFCIの本部があるベルギーのジャッジでしたので特別うれしかったです。
キャッシブ3か国(アメリカ・日本・ベルギー)が揃いました。
あと1枚。

2014年6月15日
FCI北陸甲信越インタナショナルドッグショー(長野市エムウェーブ)
ピーラポン・ピシトウッティナン(タイ)
♂13、♀10 BOB(ベストオブブリード)
2014-6-15.jpg
キャッシブ4枚。
願っても届かないと思っていた国際チャンピオン完成です。 
ハンドラーさんのガッツポーズが忘れられません。
大和をインターチャンピオンにする約束を果たせたととても喜んでくださいました。
我が家の無謀なお願いに応えてくださった超一流のハンドラーさんです。
訓練犬でセラピードッグの大和をショードッグとして大切に可愛がってくださったハンドラーさんでした。
そしてこの長野がハンドラーさんとの最後のショーになりました。

2014年12月7日
FCI大阪インタナショナルドッグショー(インデックス大阪)
ケン・マレー(アメリカ) 
♂23、♀21 AOM(アワードオブメリット)
2014-12-7.jpg
この写真撮影の時ジャッジがハンドラーさんに”ラインは?”と英語で聞かれたそうですが、ハンドラーさんは私に”ラインは?”と日本語でたずねられましたが、なんと私の答えは”ラインしてません!”でした。スマホ持ってないのでラインってしたことが無かったのです。
大笑いの問答でした。
結局問われたのはアメリカンゴールデンのどこの血統か?ということでした。
2014年のドッグショーは素晴らしい成績でした。
大和のラインを確認できます。
血統証
スポンサーサイト

黄金色の大和と入院した愛車

DSC05201_20170225192020da4.jpg

DSC05203.jpg

DSC05204_201702251920234f9.jpg

DSC05205_20170225192024b61.jpg

DSC05208_201702251920267f9.jpg

DSC05209_201702251920553f4.jpg

DSC05210_2017022519205630d.jpg
散歩して家事して・・・今日は大和のシャンプーの日。
DSC05211_20170225192058c69.jpg

DSC05213_2017022519205902b.jpg
お日様が当たったら黄金色。
でもお日様が当たって残念だったのは・・・

DSC05214.jpg
白さが強調されました。

柑橘類を食べると時々種があります。
数年前”せとか”という高級な超甘みかんの種を植えたら1メートル超えの木に成長しました。
今年も甘々みかんの種を植えてみました。

DSC05215.jpg

今日はお天気でしたがママの車が変になって修理に行ってきました。
予約してありましたが原因を調べる間・・・

DSCF5081.jpg

DSCF5082.jpg
お気に入りに見たり乗ったり・・・
持ち込んだり・・・

DSCF5083.jpg
そうしていると見積書ができました。
DSCF5079.jpg
走行中にブレーキがかかっているので修理になり愛車は入院。
走行距離200,000キロ。
そろそろ買い替えかしら?


DSC05216_201702251921186cc.jpg

DSC05217_20170225192119407.jpg
これだけあれば思いっきり作業できます。
出来上がりが楽しみだわ。

ドッグショー(2013年)を振り返って

2013年5月11日
和歌山県クラブ連合会展(竜王町ドラゴンハット)
アントアネタ・ポパントノヴァ(ブルガリア)
♂19、♀14
2013-5-11.jpg
ジャッジがブルガリアとういことで周りのギャラリーから”白い被毛のゴールデンばかり選んでるね”という声がいっぱい聞こえました。
がなんということでしょう。
その中で真っ黒い(血統証上はゴールド)大和だけがピックアップされました。
色黒に見えますが太陽の下では素晴らしく輝く黄金色です。

2013年5月12日
FCI近畿インターナショナルドッグショー(竜王町ドラゴンハット)
リカルド・サルダーニャ・ソロルサノ(メキシコ)
♂28、♀17
2013-5-12.jpg

2013-5-12 (2)
ハンドラーさんの都合でお二方にお願いしました。
大和の後に・・・なんと・・・大和の娘がWB(ウィナーズビッチ)に選ばれました。
多分今回1回限りのドッグショーだったと思います。
2012年11月に会った娘よりかなりの色黒っていうかかなり濃い茶の可愛い子でしたがすごい勝ち方していました。
父娘の対面もさせてもらってうれしかったです。
実は大和の娘のハンドラーさんが”お父さんだよ”って言ってくれなければわかりませんでした。

2013年6月1日
福井県中央愛犬クラブ展(大野市奥越ふれあい公園)
北井久士(日本)
♂4、♀4 BOB(ベストオブブリード)
お隣の県で近かったのとハンドラーさんの地元だったのでママひとりで行きました。
写真なし。

2013年6月16日
FCI北陸甲信越インターナショナルドッグショー(長野市エムウェーブ)
ケイ・マクギー(オーストラリア)
♂18、♀24
2013-6-16.jpg
インターナショナルドッグショーでキャッシブをもらうのがとても困難なことだとしみじみ思った長野でした。
毎回単独システムになるくらいゴールデンの出陳が多いということは、そこで1席を獲るのが難しいということです。
獲ろうと思って獲れるものではないということです。
2013年は国際チャンピオンを半ばあきらめた年になりました。

2013年9月14日
金沢オールブリードクラブ展(小松市ホテルグランディアエアポート)
天野勝明(日本)
♂1 BOB(ベストオブブリード) G2(8グループ2席)
2013-9-14.jpg
地元開催のドッグショーなのでお付き合いで出陳しました。
9月は暑いです。

2013年9月15日
金沢全犬種クラブ展(小松ホテルグランディアエアポート)
宮川隆博(日本)
♂1 BOB(ベストオブブリード) G2(8グループ2席)
2013-9-15.jpg
2Dayのドッグショーでゴールデンレトリーバーは大和1頭でした。

2013年12月7日
ジャパンドッグフェスティバル2013(インデックス大阪)
園田真一(日本)
♂16、♀14
2013-12-7.jpg

2013年12月8日
FCI大阪インターナショナルドッグショー(インデックス大阪)
エドワイナ・ジョイ・トーマス(オーストラリア)
♂22、♀23
2013-12-8.jpg
国際チャンピオンは無理だわ~とうなだれた一年でした。
でも大和はドッグショーで走るのがうれしくて、どのゴールデンよもテンション高く楽しんでいました。
そんな大和を見るのが楽しい私たちでした。

降っては消える雪

DSC05189.jpg
昨夜の大和のトイレの時はなんとなく雪でしたが朝は真っ白。
DSC05191.jpg
目の前の山が見えないくらい吹雪いていました。
DSC05194_20170224181202825.jpg

DSC05196_20170224181204ffc.jpg
のんびり散歩していたら吹雪がやってきました。
DSC05199.jpg

DSC05200_2017022418121245f.jpg
綿のような大きな雪が舞っていました。
日中も雪が降っていましたが”なごり雪”のような降っても降っても消える雪でした。

ドッグショー(2012年)を振り返って

2012年3月4日
FCI中部インターナショナルドッグショー(ふじさんめっせ)
川田恵子(日本)
♂20、♀20 AOM(アワードオブメリット)
2012-3-4.jpg

2012年3月31日
FCIジャパンインターナショナルドッグショー(東京ビッグサイト)
リンダ・モア(アメリカ)
♂48、♀62
2012-3-31.jpg
日本で一番大きなドッグショーとはいえゴールデンレトリーバー110頭の出陳は壮観でした。
この展覧会は出陳できることに意義があると思っていました。
冬毛の一番ゴージャスな季節に運動をかけてコンディションをその日に向けて管理していきます。
アマチュアな我が家なりにジャパンに向けて頑張っていました。

2012年5月12日
滋賀クラブ連合展(竜王町ドラゴンハット)
小林定男(日本)
♂4、♀10
2012-5-12.jpg

2012年9月16日
金沢全犬種クラブ展(小松グランディエアポート)
幸田洋子
♂5、♀1
2012-9-16.jpg
地元開催のドッグショーなので走りました。
9月は犬たちにとって暑い季節です。

2012年10月20日
高松中央全犬種クラブ展(サンポート高松)
マーティン・ドハーティ(カナダ)
♂4、♀5 BOB(ベストオブブリード) G2(8グループ2席)
2012-10-20.jpg
海を渡ってここまで来たわ~って感激した明石海峡大橋。
翌日の岡山県でのドッグショーのために渡った瀬戸大橋。
岡山県のホテルで1泊しましたが大和は車中泊。
ハンドラーさんは大和と車に泊まって一緒に寝てくださいました。
大和のことをとても可愛がって大切にしてくださいました。

2012年10月21日
FCI中国インターナショナルドッグショー(岡山ドーム)
渡邊東洋彦(日本)
♂8、♀10 BOB(ベストオブブリード) G1(8グループ1席)
2012-10-21.jpg

2012年11月11日
姫路ロイヤルコンパニオンドッグクラブ展(三木市グリーンピア三木)
渡邊東洋彦(日本)
♂3、♀2 BOB(ベストオブブリード) G1(8グループ1席) RK(リザーブキング)
2012-11-11.jpg
超がつく土砂降りでした。
でも初めてリザーブキングに選ばれクリスタルをいただきました。
この日大和の娘の出陳があり一緒に散歩しました。
その後チャンピオンになったと聞きました。

2012年12月2日
FCI大阪インターナショナルドッグショー(インデックス大阪)
スティーブ・キーティング
2012-12-2.jpg
手ごたえがあったブリード戦でしたが残念賞でした。

2011年の1/4しか2012年は出陳しませんでした。
アマチュアな我が家が出陳できる範囲で会場を選んでいました。
目標はインターナショナルビューティーチャンピオンでしたからFCIインターナショナルドッグショーでのキャッシブです。
アメリカと日本のジャッジから2枚のキャッシブを頂きましたが、アメリカと日本以外の1カ国以上2枚必要です。
最初の目標はJKCチャンピオンでした。
その次はロゼットを1個もらうことでした。
それがなんと図々しくも国際チャンピオンに!です。
実はその後さらに厚かましく日本一を望んだアマチュアな我が家です。
怖いもの知らずでした。
ドッグショーの何たるかを知っていたらここまで厚かましい思いを持てなかったと思います。
大和が楽しんで走ってくれるドッグショーを一緒に楽しめたから7年間も日本中を走れたんだと思います。
プロフィール

むっじー大和ママ

Author:むっじー大和ママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード